So-net無料ブログ作成
検索選択
生活習慣 ブログトップ
前の2件 | -

深夜の飲食をみなおす [生活習慣]

現代の社会では以前にくらべ、夕食の時間帯がだんだん遅くなってきているようです。残業やつきあい、デートなどで、帰宅が遅くなることもあるでしょうね。


全体的に見てみると、私たちの生活時間帯が後ろ倒しになってきているように感じられます。


2b30b63da502a91a40316d6ce3c164d5_s.jpg


午後9時を過ぎてからの夕食、あるいはお酒を飲んで帰宅して食べなおし、などという人が少なくありません。


また、夜更かしをしているうちにおなかがすいてきたり、口さびしくなったりして、24時間営業のコンビニエンスストアでジュースや軽食、お菓子を買って食べるというひとも多くなってきています。


a0002_000147.jpg


私たちのからだには、交感神経と副交感神経という二つの自律神経が備わっています。交感神経は、からだを動かす昼間に働いてエネルギー消費を活発にします。


夜になると副交感神経が活発になり、体を休息させるとともに、からだに入った栄養素を体内に貯蔵しようと働きます。夜遅く食べたものは、体脂肪として蓄えられやすいのです。


1b9276f39e1aead3e09168dcad351879_s.jpg


とくに食べてすぐ寝ると、食べたもののエネルギーは使われずにため込まれるだけとなります。少なくとも寝る前の3時間は食べない方がよいでしょう。


太っている人に多いのは、夜のまとめ食いです。夜遅く食事をとると寝つきを悪くし、翌朝の食欲不振を招きます。そして朝食を抜くと、昼食はどか食いになりやすく、肥満に拍車をかけます。


a0002_010122.jpg


昼食も大したものを食べず、夕食から夜にかけて、アルコールとおつまみをドッサリ食べ、翌朝に食欲がないという人もいます。


このような悪循環をおこす、夜遅くのまとめ食いを夜食症候群といいます。夕食だけでもしっかりとろうという夕食重点傾向も、広い意味での夜食症候群といえます。気をつけましょうね!


e6b1753fd0e245885573301fbfe82b7d_s.jpg


夕食が午後9時を過ぎそうなときは、夕方軽く食べて夜は少量のおかずだけ食べるようにしてみてください。ファーストフードなどよりは、おにぎりなどのほうがいいです。


a0008_001263.jpg


夜におなかがすくという人は、できるかぎり夜更かしをやめて、朝型の生活に切り換えましょう。それから手軽に食べられるものを家におかないようにしてくださいね。


それでも食べたくなってしまったときに、夜食を食べないようにするためのポイントをいくつかあげてみます。食べたい衝動の波は5分で消えるといわれていますので、以下にあげることを実践して気を紛らわせてみてくださいね。


c4d9f7913003877cc093bb3ae4e2ea24_s.jpg


・お風呂に入って歯を磨く

・ストレッチングで筋肉を伸ばす

・推理小説や短編小説を読む

・資格取得などの勉強をする

・部屋の片付けをする

・日記を書いたり家計簿をつける


とにかく5分間が勝負です!なんとか気をそらせて食べないようにしましょうね。

まとめ食い、どか食いをみなおす [生活習慣]

食事が不規則な人ほど、食べられるときに、まとめ食いをする傾向が強いようです。これは、用事は何ごともできるときに、まとめて片付けておきたいというタイプによくみられます。


まとめ食いは、食べたものが吸収されやすいだけでなく、量もとりすぎになりがちです。力士は、この原理を利用して、食事は一日二回まとめて大量に食べては太るようにしているのです。


a0007_000218.jpg


食事はおなかいっぱいになりさえすればよいと考える人のなかには、食べ放題の店をしばしば利用して満足する人も多いようです。(私も食べ放題は好きですけど・・・笑)


宴会のときなどは、わざわざおなかをすかせて、どか食いするといった人も見受けられます。こうした食べ方は、まさに体脂肪を蓄積させるための食べ方です。


a0002_006680.jpg


いつでも、どこでも食べものに不自由しない社会で、こうした食べ方を続けると、太ってもしかたありません。


食事はたらふく食べたという満腹感よりも、腹八分目でもおいしい食事を味わうことができたという満足感をたいせつにしたいものですね。


a0002_010298.jpg


それから、ふだんの食事ではそれほど食べ過ぎていないのに、なぜか太っている人の食生活を調べてみると、週末になると決まって食事量が増えていた、というケースがあります。


週末や休日になると、終日、ジュースやお菓子、あるいはお酒とスナックを抱えて飲食し、一日の摂取エネルギーが5000キロカロリーを超えてしまうという人がいます。


a1180_009730.jpg


仕事や学校の緊張感から解放されて、どか食いをする、これを週末過食症といいます。週末過食症はストレス太りの側面もありますので注意が必要です。


次にあげる項目にあてはまる人は以下の点に気を付けてみてください。


・食べ放題の店をよく利用する人

 利用する回数を減らす。

 肉よりは野菜や魚を使った料理が多い店を選ぶ。


f181a6f9d7b85e7e9b6a33535fb50494_s.jpg


・満腹しないと食べた気がしない人

 ゆっくりかんで食べる。(満腹のサインが早く出る)

 少量でも種類を多くする。(満足感が得られやすい)


a0002_008235.jpg


・週末にまとめ食いをしやすい人

 趣味やスポーツ、外出の時間をつくる。

 食品まとめ買いをしない。


5a16717f178c9d055bee850582c8838e_s.jpg


それから、急激なダイエットや過度なダイエットも反動でまとめ食い、どか食いの原因になるので気をつけましょうね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
前の2件 | - 生活習慣 ブログトップ

PR



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。