So-net無料ブログ作成
検索選択

サプリメント、健康食品について [その他]

PR




ドラッグストアの店頭や通信販売などでは、さまざまなダイエットサプリメントや健康食品が出回っています。期待される効用は、大別すると次のようになり、単品あるいは何種類かの組み合わせで商品化されています。


・脂質の吸収を阻害

ギムネマ、小麦アルブミン、サラシア、マルスエキス、難消化性デキストリン、バナバなど


a48ec91394add32680287e60ffb7bd39_s.jpg


・糖質の吸収を阻害

キトサン、米胚芽抽出物、カシアポリフェノールなど


ac2fbbaf183b5f8ccf2cc312c27ae8f7_s.jpg


体脂肪の合成を阻害または分解の促進

アミノ酸飲料、ウーロン茶、L-カルニチン、カプサイシン、ガルシニア、トナリンなど


424x283xFotolia_04.jpg


・脳内物質を介して食欲を抑制

セントジョーンズワート、テアニン、ヒスチジンなど


5a1d78216ef9bc374ca6e5f636b5c5ab_s.jpg


・インスリンの作用を助ける

カイアポ、クロム、ヤーコン茶など


img57460711.jpg


以上の成分の多くは、大勢の肥満者を対象にして効果を実証したデータが少なかったり、動物実験だけしか行なわれていないものもあります。


何らかの効果がはっきり確認されている食品成分もありますが、そうしたものには「特定保健用食品」の表示がついています。こうしたものを使うときは、効能とともに注意事項も確認することが必要です。


142944d3722465be7f9b3c4913cf9a91_s.jpg


栄養補助食品と表示されているものもありますが、これは医薬品とは異なります。乱れた食生活を補助するもので、それだけでやせることはできません。


食物繊維加工品やプロテインはダイエット食品として人気があります。しかし、天然の食品から摂取するのと比べると、効果にも違いがあり、使用法を間違えると、かえって健康を損なうことがあります。


28deeed526c3d1cae851199d121c6127_s.jpg


食物繊維加工品のなかには、野菜に換算した繊維量が宣伝されているものもありますが、これで野菜の代わりにすることはできません。野菜には何種類もの食物繊維、さらにビタミンやミネラルも含まれています。


サプリメントや健康食品は、その効能や特性、注意事項などをしっかり調べて、あくまで不足している栄養素を補うという目的で使用する方がよいといえます。




PR



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

PR



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。