So-net無料ブログ作成
検索選択

デトックス・経絡リンパマッサージ 1 [体質改善]

PR




ダイエットをスムーズに行うためには、まず体内にたまっている毒素を排泄し、浄化することが必要です。


経絡リンパマッサージ」は東西両医学の考え方をもとに、全身をめぐる経絡とリンパの流れをスムーズにし、心身のデトックス(体内浄化)効果を高めます。それによって、やせやすいからだになることができるのです。


a0002_008682.jpg


それでは、まず、東洋医学の考え方による「経絡」から説明していきますね。


経絡とは生命エネルギーである「気」「血」の通り道のことで、主に「正経十二脈」に「任脈(にんみゃく)」「督脈(とくみゃく)」を加えた14経絡があり、それぞれが臓腑(内臓)と体表を結び、全身に分布しています。


この経絡上に点々と存在するのが「経穴(けいけつ)」、いわゆるツボで、気や血の流れが悪くなると、ツボを押したときに硬い、痛いといった反応が現れます。


a1180_016272.jpg


経絡の流れの悪い状態では、それにつながる臓腑の動きも悪くなり、体内の毒素がスムーズに排泄されなくなります。それが太る原因のひとつです。


マッサージを行うと、経絡やツボが刺激され、滞っている気や血がスムーズに流れるようになります。それによって体内の不要物や毒素が排泄され、自然にやせやすい体質に変わっていきます。


7f8a9bade337b4528c696820eace1186_s.jpg


私たちの全身には、静脈に沿ってリンパ管が網の目のように張りめぐらされていて、その中をリンパ液が流れています。またリンパ管の途中の、わきの下、首、脚のつけ根などにはリンパ節が多くあります。これらと、特殊なリンパ器官などを合わせて「リンパ」と総称しています。


リンパの主な働きは「浄化」と「免疫」です。リンパは全身を流れながら、つねに血液中や細胞内にある老廃物を回収しています。そしてリンパ節を通るときに不要なものがろ過され、きれいな状態になって、首のつけ根で静脈に流れ込みます。


a0002_007518.jpg


また、体内のウイルスなどの異物が侵入したときは、リンパ液に含まれるリンパ球がこれらを攻撃して体をまもります。リンパの流れが悪くなったり、働きが低下したりすると、体内には老廃物(毒素)がたまり、肥満をはじめとする、さまざまな不調がからだに現れてしまうのです。





PR



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

PR



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。